■ドアクローザ・フロアヒンジ

製品紹介

ドアの開閉が最近おかしいと感じた事はありませんか?
深夜扉の閉まる音が響く様になった。
扉の閉まりが早く指を挟まれそうになった。扉に油がついているなど・・・・
これらは、ドアの上部に付いているドアクローザの不具合が原因です。又ビル入口、マンション入口の扉の床にフロアヒンジという大型の自閉装置が埋設されています。
使用頻度により扉の動きが悪くなり、オイルもれを起こしたりします。
目立たない製品ですが実は重要な働きをしています。扉がきちっと閉まってこそ、錠前の施解錠もスムースに操作出来ます。大事にならない様早めの交換が必要です。

ドアクローザ

  • ●既存のドアクローザをほとんど交換出来ます。
    MIWASD店ならではの補修用クローザです。
  • ●1番スピード,2番スピード,ラッチングアクション付  ストップ機能付
  • ●シルバー色 (※他ブラウン・ホワイト・ブラック可)
  •  

M602PS-LS1   交換施工(材工)¥25,000

  • M603PS-LS1   交換施工(材工)¥26,700

    • ●古い横に細長い型のMIWAのドアクローザ交換補修用です。
    • ●既存の取付ネジ孔を利用して交換する為納まりがよいです。
    • ●バタン音がなくなりスムースに動作します。
    •  
    • M313P-HS1交換施工(材工)   ¥28,000
     

    フロアヒンジ

    • ●オイルもれ,ステンレスの床プレートの波打状態が、交換サインです。
    • ●電気錠出入口管理システムにとってフロアヒンジ不具合は重大です。
    • ●アクトロックでは、既存フロアヒンジのハツリ撤去・交換溶接設置・モルタル充填等完工致します。
    • ●既設フロアヒンジは、様々ですので、必ず現場調査が必要となり、その後御見積りと致します。
     

     《施工例》